自律神経の失調を持つ人や失調症の予備軍の方は多い傾向にあります。もし不安感、疎外感、気分の落ち込み、イライラ、疲労感、感情起伏に悩んでいるのなら自律神経失調症を疑ってみる必要があるかもしれません。
セルフチェックシート
自律神経は交感神経と副交感神経系から成る身体の代謝を司る器官です。仮に交感神経が優勢で、副交感神経が劣勢というバランスがおかしい状態になってしまうと、身体の様々な代謝が滞り様々な不調が表れます。このような状態を自律神経の失調と呼びます。
自律神経はストレスの過剰蓄積によって乱れます。社会や家庭など生活環境のストレスが増加し蓄積すると、ストレスから身体を保護する為に交感神経が優勢な状態になります。その結果、副交感神経とのバランスが悪化し自律神経が失調してしまうのです。
自律神経失調症の精神的症状は「イライラ、不安感、疎外感、気分の落ち込み、やる気の喪失、憂鬱」などがあり、肉体的症状は「慢性疲労、だるさ、めまい、偏頭痛、耳鳴り、動悸、ほてり、不眠、便秘、下痢、微熱、手足のしびれ、口や喉の不快感、頻尿」など多義に渡ります。これらの周辺症状により精神的ダメージが不眠に繋がり、疲労に繋がり、様々な疾患へと繋がっていきます。
自律神経失調症の一般的な治療

一般的に病院で行われる自律神経失調症の治療は
薬物療法(対処療法)

・・・しかし

氷山の一角
・薬物療法=対処稜穂
・根本改善=東洋医学

根本改善が気になる方は

ご質問/ご相談は無料なのでお気軽にお電話下さい
(営業時間10:00~19:00)

漢方の一久ライン

生活習慣の改善と
漢方で自律神経失調症は
優しく改善できる

自律神経失調症の対する東洋医学の見解は、バランスの医学と呼ばれる漢方薬を用いて崩れた自律神経のバランスを内側から整える寛容性の向上を目指します。また、ストレス過多の場合には、ストレスを発散へと導く漢方処方を用いて原因の改善も目指します。
自律神経失調症は原因が不明の不調として扱われることが多く、病院で根本治療を目指すことができない場合もあります。しかし、アプローチや考え方が違う東洋医学では改善できる可能性があります。


山形県寒河江市に根を張る漢方の老舗
漢方の一久では
辛い自律神経失調症を漢方で優しく改善する
お手伝いをさせて頂きます。

漢方薬を扱う漢方薬局ではお客様の症状とお体に適合する漢方処方を導く為に
東洋医学の「問診・状態把握・処方決定」を行います。

さらに詳しく自律神経失調症について知りたい方は下の記事をご参照ください。

ご相談は無料です。お困りの場合はお気軽にご連絡ください。

営業時間中(10:00~19:00)のご質問であれば、お電話でのお問い合わせが
状況も伝わりやすく、お客様も当店も分かりやすいのでお勧めです。

辛い症状に一人で悩まないでお気軽にお電話くださいませ。

お電話はこちらから

ラインはこちらから(24時間受付)

漢方の一久ライン

お電話はこちらから

ラインはこちらから(24時間受付)

YBCラジオ放送中
「いちきゅうさんの漢方法話」

店主・小國修広の漢方法話

お客様との対談

漢エビデンス・ナビ