40代から身体のダルさや火照り、イライラなどを感じる場合は、更年期障害かもしれません。

辛い更年期の漢方療法のコツは
ホルモンの減少についていけない身体を
追従できるようにバランスを整えること。
女性が閉経を迎える50代の前後十年を「更年期」と言います。
更年期には辛い症状が表れ、日々辛い時間を過ごされている方が多くおられま
更年期に起こる様々な不快症状
・自律神経の乱れ
・頭痛、めまい精神症状
・食欲不振
・吐き気
・便秘
・下痢
・のどのつかえ
・血行不良
・のぼせ/ほてり
・息切れなど
女性エストロゲン生産量推移グラフ
エストロゲンが減少することで
女性としても身体のバランスが崩れてしまい辛い症状が現れると西洋医学では考えています。
・エストロゲンの減少は全ての女性に等しく訪れる自然現象
・エストロゲンが減少しても全ての人に更年期障害のような不快症状が表れる訳ではない
・エストロゲン減少は悪いことでは無くホルモン変化に追従できないことに問題がある
このホルモン変化に付いていけない身体に対し
ホルモンを補う治療を行うのが病院の薬物療法です。
更年期障害に対する西洋医学治療
・ホルモン補充療法
・その他精神薬による対処
さらに、薬物療法ならではの副作用の発生も懸念され
女性であればホルモン補充による自己免疫疾患も不安な要素ですよね・・・
氷山の一角
・薬物療法=対処稜穂
・根本改善=東洋医学

根本改善が気になる方は


ご質問/ご相談は無料なのでお気軽にお電話下さい
(営業時間10:00~19:00)

漢方の一久ライン

漢方なら辛い

更年期を優しく改善できる


漢方東洋医学による更年期障害アプローチ
・代謝や血行の状態を整える事でホルモンのバラツキを整える
・ホルモン減少についていけない身体を順応させる


山形県寒河江市に根を張る漢方の老舗
漢方の一久では
辛い自律神経失調症を漢方で優しく改善する
お手伝いをさせて頂きます。

漢方薬を扱う漢方薬局ではお客様の症状とお体に適合する漢方処方を導く為に
東洋医学の「問診・状態把握・処方決定」を行います。

さらに詳しく更年期障害について知りたい方は下の記事をご参照ください。

ご相談は無料です。お困りの場合はお気軽にご連絡ください。

営業時間中(10:00~19:00)のご質問であれば、お電話でのお問い合わせが
状況も伝わりやすく、お客様も当店も分かりやすいのでお勧めです。

辛い症状に一人で悩まないでお気軽にお電話くださいませ。

お電話はこちらから

ラインはこちらから(24時間受付)

漢方の一久ライン

お電話はこちらから

ラインはこちらから(24時間受付)

YBCラジオ放送中
「いちきゅうさんの漢方法話」

店主・小國修広の漢方法話

お客様との対談

漢エビデンス・ナビ