耳鳴りは本人にのみ聞こえる不快な音のことです。本人にしか聞こえない理由は、耳鳴りの音は脳が作り出しているノイズだからです。耳鳴りの大きな原因は加齢によって起こる難聴で、拾えなくなる音域が増えることで脳がストレスを感じ興奮状態に陥ります。この興奮した脳が耳鳴りを起こしてしまいます。

耳鳴りの治療…なぜ「カウンセリング」が重要なのか? | 富裕層向け資産防衛メディア | 幻冬舎ゴールドオンライン

漢方の一久では耳鳴りの根本的な原因である脳の興奮や漢方アプローチを行うことで耳鳴り改善のお手伝いをさせていただきます。

1.耳鳴りとは

耳鳴りは難聴が原因となって脳が興奮状態に陥ることで発生する症状です。難聴が起こるとストレスが溜まりやすく「不眠・体調不良」などの様々な不調を引き起こしやすいです。

傾聴力の意味とは?そもそも「きく」とはなんなのか、「聴」についてわかりやすく解説 | リーダーのメモ帳

耳鳴りの症状 

耳の中で「ジージー・キーキー・ガー・キーン」など人によって様々なノイズ発生が主な症状となります。

実際に音が聞こえているのでは無く、脳が興奮状態になることで発生する信号のようなもので本人には音のように聞こえます。

中には耳の中で「1000匹のセミが鳴く」という表現をされる方がいるくらいストレスフルな症状だと言えます。

2.音が聞こえる仕組み

耳鳴りの発生の背景には「難聴」が隠れています。つまり音が聞こえなくなることで耳鳴りに繋がるわけです。人の耳は日常の振動を音に変換し「音」を認識しています。

耳鼻咽喉科サージセンターちば│JR総武線稲毛駅│千葉市│みみ

振動を集めるための耳の構造

音の認識に重要になるものが耳の構造です。

人の耳は広範囲の音を効率良く聞き取るために、振動を集めるために「外耳→中耳→内耳」という構造を有します。

この構造で集積させた振動を音に変換するための蝸牛へ伝達します。

有毛細胞による信号の変換と伝達

外部から集めた振動を「外耳→中耳→内耳→蝸牛」へ伝えます。

この蝸牛の中にある「有毛細胞」が振動を音信号に変換することで私たちは「音」を認識しているのです。

3.耳鳴りの原因は難聴

耳鳴りの大元の原因は難聴です。難聴によって聞き取れない音域の出現によって脳が音を聞き取ろうと孤軍奮闘し興奮状態に陥ります。この状態が耳鳴りのノイズを発生させるのです。

難聴・突発性難聴・耳鳴りでお悩みなら、東大阪のながた耳鼻咽喉科クリニックへ

難聴とは

難聴は加齢によって誰しも起こる聴覚障害です。難聴の原因は歳を取ることで振動を音に変換する有毛細胞が死んでしまうことで起こります。

有毛細胞が死に数が減っていくことに比例して聞こえない音域や音量が増えていきます。これが、高齢になると「耳が遠くなる」という現象を引き起こします。

耳鼻科で治せない訳

耳鳴りに悩んでいる方の多くは、耳のトラブルだと思い耳鼻科に行かれます。しかし耳鼻科に行っても対処的な処方が成されるだけで根本的に解決されないことが多いです。

それは、耳鳴りは脳の興奮状態によって起こるものであり、その根源は有毛細胞が減少しているからです。

耳鼻科では「脳の興奮」にも「有毛細胞」にもアプローチができないので治療が難しいのです。

4.耳鳴りが起こる仕組み

耳鳴りが起こる仕組みは、加齢によって有毛細胞が減り難聴が起こります。この難聴によって脳が興奮し耳鳴りが発生するというものです。

騒音性難聴・音響性難聴(音響外傷) | 同友会メディカルニュース

難聴による音域の減少

加齢によって有毛細胞が死に数が現象します。多くの場合、歳を取ると蝸牛内の血流が低下してしまうことで酸素や栄養の供給不足が起こり徐々に有毛細胞が減っていきます。

この流れで有毛細胞が減ってしまうと、振動を音として伝えるためのデバイスが減ってしまうので今までは聞こえていた音が聞こえないという状態に陥ります。

音域減少による脳の興奮

難聴の影響によって脳に届くはずの音が届かなくなります。この状況に対し、優れた器官である脳は、音を拾おうと活動します。

しかし、有毛細胞の数が減っているので音が聞こえる事はありません。

この「音がないのに聞こうとする」孤軍奮闘によって脳は徐々に興奮状態へと陥ります。その結果、脳から発せられるノイズが「耳鳴り」となって本人にのみ聞こえるのです。

5.耳鳴りによる身体の影響

耳鳴りは、ストレスの元凶になりやすい症状です。耳鳴りの発生によってストレス過多になると、付随して様々な不調をきたす場合があります。

不安で眠れない時にはどうすればいい?理由と対策を解説 | リーダーのメモ帳

耳鳴りによるストレスの発生

耳鳴りが起こる人と起こらない(聞こえない)人のどちらもおられます。しかし耳鳴りが聞こえてしまう人の多くは大きなストレスを抱えてしまうことになります。

今まで聞こえなかったノイズが耳の中で鳴り響くことで「イライラ」したり、物事に「集中」できなくなったりします。

こうしてストレスが蓄積することで、様々な不調へと繋がる可能性が高くなってしまいます。

ストレスによる合併症

耳鳴りを患いストレス過多な状態になると、自律神経に負担がかかります。その結果、気分が落ち込みや、睡眠に影響が出たりする場合もあります。

自律神経失調

自律神経失調症 自律神経失調症とは体の多くの機能を司る「自律神経」が不調きたしている状態を言います。

自律神経が不調になると、様々な不調が出てきます。これは自律神経が様々な生命活動を司る司令塔だからです。この自律神経失調症の原因は生活環境下に潜むストレスです。

自律神経失調症については下の記事で詳しく解説しております。

不眠(睡眠障害)

不眠を含む睡眠障害は体のコンディションに大きな影響を与えます。なぜなら睡眠とは健康に生きるために必要不可欠な生命活動だからです。

睡眠に影響が出ると生理活性に必要なホルモン類の生産が滞り、免疫機能が低下し疲労を蓄積することで不調が現れます。この不眠や睡眠障害の大きな原因はストレスです。

不眠について知りたい方は下の記事をご参照ください。

6.耳鳴りを改善する方法

耳鳴りの治療には対処療法から、原因にアプローチする治療まで様々です。一番は脳の興奮を収めることが効果的ですが、完全に耳鳴りを消せる場合と、ボリュームが低くなる場合など効果には個人差があります。

耳鳴りの治療は様々ですが、効果が認められている治療には「音響治療法」というものがあります。

これは耳鳴りに対して「別の音」を被せることで、耳鳴りの存在を薄めようとする治療方法です。

これによく似た治療方法に補聴器による治療がありますが、どちらも耳鳴りの原因にアプローチしている訳ではありません。

脳の興奮を抑える

漢方の一久では、耳鳴りの原因である脳の興奮に着目し、興奮を鎮める方向でアプローチを行なっています。

耳鳴りの直接的な原因である脳の興奮を鎮めてあげることで、脳から発生するノイズが提言する人や、耳鳴りが消失してしまう人もおられるからです。

大切な事は脳の神経伝達をサポートし、クリアな状態を保ってあげることです。

血流改善で有毛細胞を守る

耳鳴りの原因である難聴は有毛細胞が減ってしまうことで起こります。この有毛細胞死は内耳の蝸牛への血流悪化によって起こります。

有毛細胞が減って行くことで症状が進行します。

つまり、全身を巡る血液の質を見直し、循環機能を高めることで血流を改善し、残りの有毛細胞を守ることも大切です。

東洋医学の処方「補腎」で耳をケアする

来から漢方による治験を持つ東洋医学では、耳鳴りに関しても多くの治験を行っています。

やはり、「治せる耳鳴り」と「緩和できる耳鳴り」と「治せない耳鳴り」に分類されますが、漢方独自の概念によって効果を有し改善がみられる方も多々おられます。

漢方を用いる東洋医学では、「腎」の状態が悪くなることで耳鳴り等の「耳のトラブル」が起こることが解っていますので、耳鳴りには「腎」を立て直す漢方を使います。

補腎剤と呼ばれる動物性生薬によって耳鳴りをケアしていくことが漢方薬局にしか出来ない治療となります。

漢方の一久では、耳鳴りに悩む多くのお客様のご相談をお受けしております。

是非、お困りの場合はお気軽にご相談ください。

相談無料ですので漢方の世界を体験できる健康相談を是非、ご活用下さい。

経験豊かなスタッフ一同お待ちしております。

営業時間中(10:00~19:00)のご質問であれば、お電話でのお問い合わせが状況が伝わりやすく、お客様も当店も分かりやすいのでお勧めです。ご質問ご相談は無料です。

辛い症状に一人で悩まないでお気軽にお電話くださいませ。

お電話はこちらから

ラインはこちらから(24時間受付)

YBCラジオ放送中
「いちきゅうさんの漢方法話」

店主・小國修広の漢方法話

お客様との対談

漢エビデンス・ナビ